日々のなんやかんや
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
永遠の初心者
12/2 お伊勢さんハーフマラソンに出場。

足裏が治ってきたかなーいけるんちゃうーって思ってると、また痛みだす。そんなことを繰り返し、大会前にもまた少し痛みだしたので、大会前日、伊勢に旅立つ日に接骨院に行く。
まぁ、走っている時は痛くないので、ええかなーっていうものなのだけど、走った後が、いとうて。
つっても、歩けない!とかではない。

靴のことを話した時、私は初心者なので、と言うと、もう初心者じゃないやろーって言われて、いや2年くらい走っているけど、週に1回やし、ランニング教室に行っているわけでもなし、タイムを測っているわけでもなし、自分自身のランニングの位置づけは、週1でちょっと走っている、っていうだけのものなので、そう言われると否定してしまう。
趣味は〜と訊かれて、答える範疇に入ってないというか。
きっと自分の感覚としたら、ずっと初心者なんじゃないかなーって思う。
永遠の初心者。(キャッチフレーズ)

どこからどう見てもそれ趣味やろって言われても、本人がそうじゃなければ、そうじゃないってものなんじゃないかって、思っているので酢。こういう分野に関しては。


で、戻しまして、電車にゆられ、向かっている時、足!痛くない!なんとー。ありがたやありがたや。
エントリー会場へ。近隣の高校生(陸上部?)が受付をしている模様。
初々しいって、こういうこと!って感じの子たちやったなー。うん、わてもう倍の年齢やもんな。

エントリー済ませて、ホテルへ。
このホテル、友達の手配で、割引があって、現地払いなんと一人50円。え?
ホテルとしては、割引分は入るから別に損とかではないのだけど、私たちとしては50円で?という感覚が否めない。
ちゃんとしたホテルで、ウエルカムドリンクもあったし(色々な種類のお酒、生ビール、ジュース)、新聞も置いてあるし、アメニティもあるし、しかも朝食(バイキング)付き。
おののいた。ずっと、50円やのにすいませんーって言いながら過ごしておりました。
マラソンせんせー(友達の旦那さん。フルマラソン3時間半以内)からの伝言(ハーフマラソンを走るにあたっての教え)を聞きつつ、晩御飯を食べに行って、ホテルに戻る。大会前日なので、ノンアルコール。こんなに早くホテルに戻るなんてないなー言うて。


さて当日。
足裏は少し痛みが戻ってきて、うん、ま、別に走ってる時は問題じゃないからええかー、とはいえ、ハーフは初なので、未知の距離、いつも走ってる10キロ越えた後どうかつうことで、まぁ・・・なー、と。

6時半からのホテルの朝食に行くのなんて初めてである。
炭水化物たんすいかぶつ。おにぎりとパン。

電車に乗って大会会場へ。
途中、中学生か高校生の集団がいて、この子たちも大会かしら。なんて言いつつ。

駅から会場までシャトルバスがあったけれどもいっぱいだったので、歩いて向かう。20分ほどかかるのでウォームアップも兼ねて。

気温が下がってた当日。走ったらあったかくなるだろうとはいえーと言いつつ、準備。
マラソンせんせーからのアミノバイタル2袋と、友達から渡された黒飴をポケットに入れ、スタート地点へ。
走り切れる時間順に並ぶので、2時間のところからのスタート地点に。
1キロ6分で走ったら、2時間6分ちょい。2時間10分目標かなーと思うものの、後半ぐだぐだになるやもやしなーと、うんまぁ、制限時間内であれば!と。

マラソンせんせーの教えは、
え?こんなゆっくりでいいの?というくらいのスピードで。他の人に惑わされないように。後半いけるなーと思ったらスピードを上げる。
アミノバイタルは折り返しで1袋、様子見て15キロ地点でもう1袋。
給水はとりあえず全部取る。飲まなくてもちょっと湿らす程度にでも。
つらくなったら先日生まれた友達の赤子のことを考えて乗り切ろう!

という教え。

こんなゆっくり?の具体的なスピードは提示されなかったけれども、キロ6分ペースで走ろうと決めて、スタート。
ペースランナーの人について行こうかなーと思ったけれども、自分で測ればええか、と。
最初はおかげ横丁を通るので、あ、ここは、と思ったりしながら、5キロ過ぎたあたりから、身体全体あったまってきて、ちょっと楽しくなる。
沿道で応援してくれている人や、太鼓での応援も。朝の電車で乗り合わせた学生たちが給水のところにいたり。
時計を見つつ、キロ6分ペースで行けそうだったので、2時間10分以内目標にしようと決める。
折り返しの手前で、教え通りにアミノバイタルを飲もうかと思ったけれど、給水が見えなかったので、給水が見えてきてから、バイタル投入。
さて、ここからやなーと気を引き締め、でもこのペースなら行けるかもなーと順調に進み、17キロ辺りから、足にきた。

んのー!きたなーと、ペース落ちるかなーと思いつつ、時計を見ると、まだ6分ペースで走れていたけど、だんだん足が上がらなくなって、膝にもきだす。
19キロくらいで、これ、止まったらきっと走りだせなくなるから、絶対止まらない、足上がらないけど動かそう、と決め、20キロ地点で、あとちょっと、と声に出す。

競技場が見えてきて、2時間6分いけるかーと思うものの、足のあがらなさよ。
競技場に入って、ゴールが近づいて時計を見たら2:05台、あ、いけるーとゴールの瞬間時計見たら。2:05:57だった。もしかしたら1秒くらい違うかもしれんけど、2時間6分以内。ぎりぎり。
グロスでそのタイムということは、ネットタイムだと2時間4分くらいはいけているのだろうか。
記録証の発行が機械の故障かなにかで、当日できなくなり、郵送になる、とのことでネットタイムは分からず。

ゴール後、参加賞のバスタオルを、お手伝いの学生たちが肩にかけてくれていて、イケメソ男子の方へ行く。ぐふ。と思ったら、その先にさらにイケメソ男子が!赤福も頂き。
競技場を出て、荷物を受け取り、友達と合流するまで、ストレッチーと、ふくらはぎを触ったらすねがピキーンとなって、べくり。ストレッチしてたら、友達現る。おつかれおつかれーと。

サンプリングものを色々頂いて、ちょっと腹ごしらえして、砂風呂へ。
もっと足が動かなくなるかと思ったけれど、思っていた程ではなかった。
砂風呂でだいぶ癒されたのもあるかも。
せっかくやしーと鶴橋でマラソンせんせーと合流し、焼肉を食べて帰宅。

いろんなせんせーありがとう。無事完走しました。

ハーフを走ってわかったのは、10キロより楽(スピードを上げないので)、あったまってくると楽しい。
沿道の応援に心和む。お子たちとハイタッチ!
足が痛くなければ、このペースで走れるのかなー。そしたらフル、4時間ちょい?と思うけど、これがなー。
10キロのスピードを競うより、淡々とハーフを同じペースで走り続ける方がええかもなーと思う。
しかし、後半の足の上がらなさ。練習したらそれも解消されるのでしょうか。
あ、あと、肩も後半強張ってくる。腕をぐるぐる回している人が前方にいて、わてもわてもーと思っていた。
フル走ったら、初心者感無くなるかなー、いや無くなるまい(反語)。


そないに、身体きてないかもーと呑気に思ってたら、焼肉の帰りあたりから、膝にきだし、階段の下りごとに膝いてい、ようやく帰って、朝起きると、腰いてえ。
やっぱな。そらな。フルはこんなんで済まないやろな。

Posted by : bombori | ランランルー | 20:24 | - | - | -
10年ひとむかし
ほい。

神戸バレンタインラブラン。
目標55分切り達成。自分にやんややんや。
マラソンて、ランナーいっぱいいるから、スタートの合図でスタート地点にいない人多数なので、グロスタイムとネットタイムってのがあって、グロスタイムはスタートの号砲からゴールするまで。ネットタイムはスタート地点を通った時からゴールするまで、の二つのタイムが出るのだけど、今回、グロスタイムも55分を切れたので、やったったー!ということでな。

いつもかけない(かけられない。後半失速しっぱなし)スパートをゴール前でかけた、という成果か。
しかし、ゴール後膝いたし。まぁ、明日診て貰おう。

気力ってあるんかもなーと思いながら走ってました。火事場の馬鹿力じゃないけどそんなような力ってあるのかもなーって。

終わった後ご飯をIKEAに食べに行き、ぶらりと見てから帰路につく。

帰ってから出場者の名前をなにげなーく見てたら、目に留まった名前があって。
これはもしや?市の名前もそうやし。ケイタイの電話帳見たら残ってて、でも変えてるよなーとも思いつつ、まぁダメ元でメールを送ってみようと、送ると、なんとなんと返信が!

大学の時バイトしていたパン屋のバイト仲間の子もランナーであった。
べっくり。
よくよく聞くと、今日は風邪で、行ったけど走らず、Tシャツだけ貰ってIKEAでご飯食べて帰ったらしいのだけど。
メールを数回交わして、今度大会で会えるといいなーと。

なんで目に留まったんだろうなー。呼ばれたわ。

思えばもう10年以上前なので、もう覚えてないかもしれないなーと、メールを送った後に思っていたら、覚えていてくれたようで、えがった。

こんなこともあるのねー。
今度から大会の名簿見てまうわなー。


Posted by : bombori | ランランルー | 22:04 | - | - | -
水のないプールに飛び込んで〜
水曜に自主練。どのくらい走ってなかったか、数えたら26日間またく走っていなかった。

10キロは走れるのだけども、もう後半の足のあがらなさよ。大会はアップダウンもあるというのに、こんなんで・・・、というていたらく。
でもって翌日のきんにくつううう。そらなー。衰えとる。へなちょ子。

「筋肉痛 緩和」とか検索したよねー。
そして色々見ていたら、走る前のアミノバイタルプロがいいらしいと見かけたので、帰り道に購入。何にでも頼ったろ。
カーボローディングも検索しよ。
 
水曜はあまりお腹がすいていなかったので、走る前に何も食べなかったし、近頃あまりご飯を食べていなかったので、それもあるのかなーとも思いつつ、金曜は昼ご飯にも気をつかいつつ、走る前にもエネルギー補給しつつ、だとやっぱりちょっと時間短縮できたのと、後半がっくり遅くなるってこともなくなり。エネルギーも大事ね。
からだがあたたまるまで1周以上かかって、あったまってきて、んがーしんどいーってなり、そこをくいしばっていると、ちょっと楽になる。もうちょっといけるかも、ってなったところで、3周が終わった。
水曜も金曜も一人で走ったけれど、一人で色々考えつつ走るのもそれはそれでよいかもしれない。
きんにくつうの上塗りもされつつ帰宅し、あーあと思っていたけど、今日昼頃、ふと気付くと痛さが収束していた。えがたー。

食事に気をつけたり、靴や着るものを吟味したり、メンテナンスをしたり。
いろんなことは、積み重なり、繋がって行くのだなー。
そしてバランスも必要でげすな。

:::::

右人差し指の爪が二枚爪に。深爪状態。はよ伸びてー。
Posted by : bombori | ランランルー | 23:25 | - | - | -
1/10000と1/1000000
ゼロが多すぎて、カンマもないし、ぱっと見なんぼかわからんわい!
ちなみに、私はカンマがあっても、ゼロが並んでるやつは、いち、じゅう、ひゃく・・・って数えないと数字のケタ数がわかりません。把握するのに時間がかかります。

10/29
大阪マラソンのボランティアーへ。
ボランティアて、英字で書かれているteerの部分を見ると、チェア(chaire)の発音で読んでしまう。(どーでもいいですよ)

受付の前日ボランティア。
しっかり者のリーダーが人数の仕事割り当てシフトを組んでくれていたのだけど、他のグループが人数が少なくなったかで、一人回して下さい、とのことで、一人他の見知らぬグループに行くことになったのが、んのーな出来事でありましたが、近くだったので、一緒に休憩とかはできていて、休憩時間に色々見て回って、ランニンググッズやウエアを買ったり、何かしら貰ったりして、仕事もそれ以外も楽しめたボランティアー。(だいたさん)

ゼッケンとチップが入ったものと、当日の荷物を入れる袋を一緒に渡すので、荷物を入れる袋をあらかじめ折っておこうって、みんなで折って箱に入れて〜、ていう作業を受付時間の前にしていて、ほぼ全部の袋を折り終わる。みんな仕事ができるなぁ。
この感じ、学生の時のバイトっぽいなぁとしみじみしつつ、受付業務開始。

私達の団体受付の隣は、外国人の方々用の受付で、韓国語、中国語、英語、と話せる人々が揃っていて、のほー。
受付のところでめっちゃ写真を撮る人や、ロンドンマラソンのロゴが入ったウエアを着てる韓国人の方をお見かけし、世界の大会を渡り歩いてる?セレブ?なんて勝手に想像して、ほほー言うておりました。

団体申し込みの人って個人で申し込むより、参加料がちょっとお高い。(個人1万円、団体7人までで10万円)そのかわりなのか、団体申し込みの人にはキャップがつくのでありんす。しかもグループ名の刺繡入り。キャップに刺繡が入るのを見越してグループ名を付けている方々や、刺繡が入るのを知らなかった方々(これ貰えるの!やったーていう反応などなど)、様々でありました。

キャップを、グループリーダーの人に渡すのを忘れないように!と言われていたので、グループリーダーの印がついた人が一番初めに来た時に、わー!っとなる私達。
でもしかし、そのリーダーさんは私達の受付ではなく、隣の管轄ナンバーの受付だった、ということがあったり(その後正真正銘私達の受付に来た、キャップを渡したグル―プは熱烈歓迎を受ける)グループ名が印象的で、受付したグループは見かけたら声かけてしまいそうだなーと思ったり。

出場するランニングメンバーのランナー達にも会え、手紙とウェットティッシュ付きの差し入れも貰った(素敵女子すぎて、落涙寸前)りして、朝から晩まで、楽しく労働。


10/30
大阪マラソン当日

友達の応援へ。友達は、春に芦屋ハーフを一緒に走った女子と一緒に走るとのこと。
応援隊長に確認したところ、昼過ぎに玉出(30km地点)で。ということだったので、昼過ぎに着くように玉出へ。応援隊長は朝から付きっきりで応援。
ランナーズアイ(通過地点と動画が見られるサービス)で通過点を確認しつつ向かう。
15km地点の通過がなかなか反映されていなくて、はて、なにかあったか??と思いつつも、玉出に着くまでには通過していたので、人がいっぱいやったからだろうかーなんて思いながら玉出に着いて、隊長に連絡すると、12時の時点で22kmを通過くらいであったので、玉出は13時くらいであろうとのこと。そしたら観つつ待ってますねーつって、見ていると、応援のおばちゃんの声。

「がんばれー!」

 うんうん。そのがんばれを励みにするよ、ランナーは。

「歩かんと走りー」

まぁ、30km地点やし、おばちゃん、だいぶしんどいところやでランナーは。

「応援する方もしんどいねんでー」

いやいや!確実にランナーの方がしんどいやろ!

などなど、そんな面白応援に湧き立ったり、コスプレに感心したり。
コスプレはほんと様々で、完全にがっつりコスプレの人、ちょっとコスプレの人。
ドラえもん、マリオとルイージ(音楽付き)、ワールドカップのトロフィーみたいなん、くいだおれ、バルタン星人、大阪のおばちゃん(隊長情報:ヒョウ柄の上下の服でこれぞ、っていう格好だったらしい)などなど。

面白いなー。

隊長と合流し、友達のお母さんとも合流して、しばらくすると友達がやってきた。
元気に走っていて、足も大丈夫そうだったので安心。
ちょっと先にいるランナー仲間さんに連絡、マリオとルイージの5分後くらいにたぶん通るからーと。

友のおかあさんとそこで失礼して、ゴールまでの手前の人が薄そうなところに行こうかと、とりあえず地下鉄に乗って住之江公園に着くと、ぎゅうぎゅう(牛牛)に人であふれていて、こりゃゴールに向かわないと間に合わないなーってことで、ゴールに向かうことに。

ニュートラムの乗り換えが全然進まず、これ、走って行った方が早いかも?などなど言いつつ、ニュートラムにようやくのれたのが、14時。
隊長の計算によると、このペースで行くとゴールが14時20分くらいかもしれない、もしかしたらゴール間に合わないかもしれんなーと。でもゴール前38km地点に難関の橋があるので、そこでちょっとペースが落ちるかもしれないから、ぎりぎりかなぁ、でも、私たちがこのぎゅう詰めの電車降りて、すぐゴール前まで走って、見える位置までいけるかどうか?!みたいな感じで、中ふ頭に着いて隊長が電話してみると40km地点くらいとのこと。
そっから猛ダッシュ。隊長が、走る格好で(シューズ履いて)きたらよかったなぁ、と。
ゴール前付近について、ポジションを確保しつつ、待っていると、隊長の名を呼ぶ声、目の前に友達がきていて、おおー!!

無事にゴール!!
よかったー。

その後二人が着替えるのを待って、うまいもん市場でちょっと腹ごしらえしつつ、感想を聞くと、最後がやはりしんどかったーと。
15km地点の通過が遅かったのは、トイレに行っていたから(15分くらいロス)であった。並ぶよなーそりゃ。
その後ちょっこす打ち上げ行きますかーと森ノ宮の居酒屋に行くと、近くの席にも大阪マラソン出場者の方々が、熱く語らっていて、おほー。
わてらも、ランナーの話と応援の話のみで盛り上がる。

すごいなー。お祭りやったなー。


マラソンて、冬になったらちょいちょい放送されているけど、ずーっと通して見たこともなく、自分が走るようになってわかったけど、テレビに映っているようなランナーの方々の速さと言ったら!ものすごいのだとようやく知ったようなこの私は、ランニングしてなかったら、大阪マラソンも遠い出来事として捉えていただろうなー。
私はスポーツやその観戦にあまり興味がない。
なんだか遠い出来事のようで、身近に感じられず、入りこむことはない。
と、思っていた。

でも、今の自分の状況や気持ちは前とは違うんだなーと。

知らなかったから、特に見なかったりしたことを、知るようになって、知ることができて、こんな風に思えて、まだまだこんな風に色々なことを知る為に、いろんなドアを開けて行きたいなーと想いを新たにしたのでありんす。

1/10000のボランティアと、1/1000000の応援人になれて、楽しかった。とても。


今日接骨院に行って、お会計している時、大阪マラソン走ったという患者さんがいて、私が受付で話していたランナーズアイのこととか聞こえてたようで、そして知らなかったようで、そんな便利なものが!とおっしゃっていて、まだ見られると思いますよーと。パンフレットとか持ってたらよかったなーと。見れたかなー。


来年は申し込んでみようかなー。練習せなー。
Posted by : bombori | ランランルー | 23:05 | - | - | -
田部さんの長い一日
 
秋から冬にかけて、田部さんは忙しい。
寒くなるから?おいしいものがたくさんあるから?

杉代は今日も行く。

:::::

23日はごちそうマラソンに出場。

大阪城公園を10kmでやっとなのに、未知の24km。でもって、「ごちそう」を食べもって走るこのイベント。走ってると、わりかし「おえ」ってなる私が。おえ率高い(当社比)私が。なんで申し込んだ。

24kmてどのくらいか全然実感わかず、前日まで概要とかあまり見ておらず、コースだけでもサラッと見ておこうか〜と、放課後の会社でちらっと見たら、戦慄・・・は言いすぎた、でもまー、ビビリまして。大丈夫かなー、無理!ってなったら、みんなには先に行って貰おうっと。
記録を争う大会じゃないので、ランニングメンバーでのんびり行こうと言うていたものの、それすら、もしかしたら付いて行けないかも、という不安から小さくそんな決意もしつつ、当日。

弁天町の駅でおばちゃんが大量に乗り込んできて、え?!やっぱり「ごちそう」マラソンやから、おばちゃんもいっぱい参加?いやしかし、こんなに?と思いつつ、朝潮橋の駅について、みんなと合流し、受け付けに向かう途中、体育館に吸い込まれていくおばちゃん達。見ると、ダンスの大会かなんかだったようで。ほー。まーそやな、食べつつ、とは言え、20km越えやし。そないみんな走らんわなーと。

受付をしてみると、9人中私を含む3人は2ケタ台の番号で、残り6人は600番台後半、しかも、みんな番号が途切れず続いているという不思議。個別に申し込んだのに、番号続きってすごくね?
なんて言いながら、写真も撮りながら、開会式は地元のコーラス隊の歌や小学生ブラスバンドの演奏なんかもあり。

前半3人はポイントのところでみんなを待ってるわーと先にスタート。
2km程走ったら最初のポイント。
どらやきやら、たこやきやら、いか焼きやら、わらび餅やら。
番号が離れているので、食べつつ、写真撮りつつ待っていると、新聞社の人にちょっこすインタビューされたり。

結局最後のグループになって、最後尾でまぁのんびりいこかー言うて、天保山の方へ行って夕日のスポットで写真を撮ったり、船に乗って(!)移動したりして。

2箇所目のごちそうポイントまでは結構距離があって、私はそこで、しんどいーーってなって、いや最初の方だし、まだいけるまだいけると言い聞かせていたら次のポイントへ。
そこからは割と次までが近かったので、いくぶん楽になり。
途中でがんばってーと声をかけてくれるボランティアのおじちゃん、おばちゃん。コースの近所のお子たちとハイタッチしたり。(もちろん私はもれなくハイタッチ)
たまたまの通りがかりの人も、がんばれーって言ってくれたり。
名所の近くでは、めっちゃ流暢に説明するおばちゃんがいて、なになに?あの人ガイドさん?てなったり。
お昼頃のごちそうポイントでは、お寿司やサンドイッチやをみんな割と食べていて、私はその時は、そこまで食べられず、みかんや水分を取っていて、だがしかし、クリーム大福は2個食べたり。どないやねん。

見知った堀江に着くころには残り半分くらいまできていて、そしてかなり足の疲労もきていて、止まると、次の走り出しが最初は辛く、しばらくするとましになる、というような感じで走っていて、そんな中、なんとお茶やさんでお抹茶を飲んだり。
ちゃんとした器で。椅子に座って。マラソンだけど。マラソンなのに。
でもそれがごちそうマラソン。

途中少し雨も降ってきたけれど、しばらくするとやんで、ずぶぬれは免れ。

開会式の時に、最後にうどんが出てきます。めっちゃおいしいから、その分のスペースあけといて下さいと言われたうどんは、ほんとうに、美味しかった!おだし!めんつるり!

神社のところでは神主さんがお祓いもしてくれて。

うどん手前から足の疲労はピーク。後半は足上がってなかったけれども、なんとか、なんとか完走。

ゴール地点ではコーラス隊のおばちゃんやら走り終えた人やらとハイタッチ。

その後、近所の接骨院の方々がボランティアでマッサージしてくれて、なにこれ、なにこの、いたれりつくせりは!!

しんどくなりつつも、そんな時にかけてくれるたくさんの人の言葉と笑顔にはげまされ、走りきることができたなーと、しみじみしじみ。

ゼッケンにひとこと書くところがあって、とっさに、

よく食べ よく走り よく笑う 

って書いたけど、ほんとにその通りの大会でありました まる。


ルマンドのおもひで

走っている時、ちっちゃいお子ちゃま(かわいい男の子)が追いかけてきて、手渡してくれたルマンド。しかも私だけに。(たまたまや!)
王子?王子なの?20年後に迎えに来るわ!(むしろ私が王子役。しかも厄介。)
Posted by : bombori | ランランルー | 23:58 | - | - | -
ほっと
急に涼しくなったなー。やはりタイフーン後だからでしょうか。
 
ランニングに行こうとして、さみーなと思い、走っていても、前ほどの汗もかかず、走り終わってからも、寒くなってきたりして。

週に1回しか走ってないのに、それを飛ばすと、次がしんどい。
今日は1週目からしんどく、だめだめやがな!と思う。
走りたいなーと思うことはほんとにあって、けど、走ってる時しんどくて、もうやめようか、なーんて思いながらも走り終えたら、まーまた走ろうって思える。それを繰り返して、今に至る。

伊勢のマラソンに出ようと思っていたのに、もう申し込み締め切られていたという失態。
あー、赤福ー。(お伊勢マラソンに出ると、赤福が2ケ、貰えます)
ぼんやり子やったなぁ。
まぁ来月のごちそうマラソンには出るのだが。
しかも未知の25キロ。のほー。

大会検索しよう。

:::::

あったかいもんが恋しくなってきたなー。
寒くなると切ない。その切なさが好きだったりもするのだが。
そんな中の、ほっと ひといき。ほっと ひととき。

上着が必要かしらなー。
手が冷えてしかたなひ。あたためてくれる人も、なし。うむ。
手袋な。するわな。
二の腕もすぐ冷えますからなー。脂肪冷え。
二の腕といえば、揺れる心と二の腕♪(©ベベチオ)である。


はてさて、明日は秋分の日でおます。
読書でもして過ごそうか。

Posted by : bombori | ランランルー | 01:49 | - | - | -
明日に向かって走れ
箱の日〜。て、いつかも書いてたような。むくしーの方かなー。

今日で走り始めてちょうど1年経過。
走り始めてつって、週1だけども。2週くらいあいたこともあるけども。

まるいち めでとう。

できないことができるようになる、ってのは、きっといくつになっても嬉しいものだろうと。

大人はなんでもできるようになると思っていた、小さい頃。
大人になって、できることも増えるけど、できなくなることもあると知る、今。

走るのが、楽しくなってきたんちゃう?と訊かれ、いやー楽しい、まではいかないかも。と。
だってしんどいもんなー。あ、走り始める前よりは、しんどくなくなったと思う。
最初はすぐにバテバテでしたからなー。体力もちょっとはついてんだろう。

楽しい、面白い、うーむ、そうなるといいな。
走り始めて、足が痛くなったりして、どうしたらいいだろうか、と考えたり、処置して貰ったり、対処したり。よりよく走る為にし始めたこともあるしなー。

まさか、自分がランニングするとは、夢にも思わなかった。
人生の3つの坂だなー。どんな坂、こんな坂、まさか。

明日はランニングのイベント。
大阪城公園夕涼みラン!150分間、3人で交替交替で走りやーす。


Posted by : bombori | ランランルー | 23:46 | - | - | -
参加賞はブランケット
あたたかブランケット

たすきを繋いできました。
雪降ってたー。さみーーーーー!!!

これから打ち上げぼうねんかーい。
 
Posted by : bombori | ランランルー | 16:28 | - | - | -
TOP