日々のなんやかんや
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
つづく
石井ゆかりさんの講座があったので、申し込みをしていた。
その日、ベベチオのライブがあるので、これもまた申し込み。


石井ゆかりさんの講座でのホロスコープのお話は、とても興味深いもので、石井さんの語り口も、ああ、この人好き、であった。
帰りに石井さん直筆の、ひとことおみくじを貰った。

そこに書いてあったのは、「交差点」。


ほほーと思いながら、ライブの為、京都へ。

ベベチオライブ「つづく」は早瀬さんの手術があるので、しばらく活動をお休みとのことで、その前に、と。

ありがとうと、何度も何度も、早瀬さん。
僕は本当に人に恵まれていて、と。

涙もあったけど、笑いもあって、みんなの気持ちは、復活ライブ行くから、絶対帰ってきて、だったと思う。


べベチオのライブには、忘れられない日があって、黄緑先生のプロモーションビデオ撮影に参加して、夜遅く帰った日、母のガンの話を聞いたので、それはもうセットの記憶。

手術まで1ヶ月くらいあり、その辺のことはあまり覚えていない。
開いてもし他にも浸潤していたらそこも取る、そのために周辺の臓器の担当の先生もスタンバイするような手術で、朝から晩までかかった。結果、本当にギリギリのところで浸潤はしておらず。
その後、6回の抗ガン剤治療を終えて、9年。
今では定期健診も年に1回になっていて、つい最近その定期健診だった。

そこで、ガンがひとつ見つかり。
再び抗ガン剤治療を受けることに。
今月入院するということが決まったのは、ベベチオライブの前日。
そして、早瀬さんが手術する日をライブ中に言ってたんだけど、同じ日に母は入院する。
なんだか、ベベチオと母のうっすらとした関連がね。


定期健診は5年程何もなければ、行くのをやめてしまう人もいるらしいし、母のステージで手術して、抗ガン剤治療しても、3年くらいでまた見つかることが多い中、9年はよく持った方だと言われたそう。

母は定期健診で、再検査となった時、もうたくさん散らばってるんじゃないかと思ったそうで。
けど、見つかったのはひとつ。
9年前の抗ガン剤治療で、きつい薬だったにも関わらず、母はさほど副作用もなく、薬も効いて、退院できたこと、当時の担当の先生には、本当に感謝の言葉しかない。


母の気持ちは、いくばくか。
そんな事を思った直後に早瀬さんの手術の話をライブで聞いて、早瀬さんやその周りの人、お母さんの心中はいくばくか、と。


私は、早瀬さんも、母も、大丈夫、きっと。て、思ってるので。
とりあえず、母用の帽子をね、作ります。院内用と外出用を。


Posted by : bombori | | 22:48 | - | - | -
だいたいもう既にそれになっているよ
最近の母と私の流行語。

「こちら〜の方になりますが、宜しかったでしょうか?」

この間違いだらけの接客用語を何にでも使っている。


この前、うどん玉かフォーを残りのスープに入れて食べようとしていた私が、うどんよりフォーの方先に食べた方がいいかなー(この時、無自覚に)と言うと、

こちらフォーの方になります。

と、すかさず。

「フォーの方」はえらく気に行っているようで、フォーの方になります!と何かにつけ言うている。

その他には、〜取ってーとかの返答に使ったり。

何回も言い過ぎて面白くなくなることはなく、それすっきゃなーといいながら、けらけら笑って我が家の日常は過ぎていく。



この時は、その後に待ち受ける、運命のいたずらに、誰も気づくことは無かったのであった。



最後の1文を入れると、この後ひっぱります感満載の文章になるよね。(ひっぱりません。言うてみただけ。)






Posted by : bombori | | 17:39 | - | - | -
TOP