日々のなんやかんや
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
<< きみが笑ってくれるなら | main | 行けない道 >>
手のひらの記憶
借りたものは返しましょう。
小さい時に習いますよな。

私は借りっぱなしで、返してない漫画がある。


小学校、中学校の同級生だった、佐々井(仮名)。
佐々井は眼鏡をかけた、真面目な、すれていない女の子であったけれど、中3の時にグレた。
家出して、学校に来たかと思えば、茶髪で化粧し、スカート短くして。
私は一時のことなんじゃないかなー、なんて思っていた。
中学を卒業して、私と彼女は別々の高校へ行った。 高校を1年で辞めて美容師になると言い出し、その後、年上の男の人と付き合って妊娠して出産した。確か16歳で。

その後、子供の写真入り年賀状が来たから電話したのだったか、佐々井の暮らしている、旦那さんのお家(旦那さんの両親も同居)に遊びに行くことになって、(この辺なんで行くことになったか、全く覚えてない。当時は携帯電話もなかったから、私が電話したんか、それとも、佐々井から電話かかってきたのか、どうだったんだろ。年賀状がきたのは覚えてる。)佐々井と佐々井の子供に会った。男の子だった。歩いていたから1歳くらいだったのかな。かわいかった。
その時に、佐々井に漫画を借りた。パラパラと読んでたら、(なんで読んでたんだろ)持って帰って読めばと言われて、うん、と、借りた。

その後、佐々井と会うことはなくて、聞いた話では、離婚して家を出て、たぶん子供は連れて行っていないと聞いた。
さらにその後、風俗店で働いていると知ったのは、夜中のテレビに出ていると、同級生に聞いたから。
何回かテレビに映っている佐々井を見た。
佐々井、あんたそんな名前ちゃうやろ、って思った。妙に画数の多い、洋風の名前をむりやり当て字にしましたよ、っていうやつ。
佐々井は違う名前の人になった。

たまに思い出して、どうしてるんやろ、漫画借りっぱなし、って思うことはあっても、連絡取ることはなくて。まぁ、連絡先もうわからなくなっていたけど。

漫画返すから会おうよって、早く連絡してたら、今佐々井が佐々井でいるのか、そうでないのか、わかったのかな。って思ったりする。

佐々井だけじゃなくて、あの人どうしてるやろ、って人は沢山いて、たまに思い出す。
でもそれだけで終わる。
出会うすべての人との関係を、ずっと継続させることはできないだろうから、こんなもんなのかなと思うのだけど。


それからかどうだか、私は借りたものは、早く返さな!と思うことが強くなって、借りたビデオを途中で寝たにも関わらず、とりあえず見たから返したこともある。ちゃんと見てないことが借りた本人にばれて、なんじゃそりゃってなったこともある。

もう佐々井は私のことも、漫画のことも覚えてないかもしれないけど、借りてた漫画返すから会おうよって、今なら言えるのにな。


元気でいてくれ、って思う。色々と尋ねたい事もそりゃあるんだけど。もしも中学のあの時…、と、思ったりもする。でも、私の言葉で変わったのかも、と思うなんて、思い上がりも甚だしい。んだろうな。佐々井ー。


なんでもない、思い出したこと。ただそんだけ。

Posted by : bombori | おもうこと | 03:38 | - | - | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 03:38 | - | - | -
TOP