日々のなんやかんや
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
だのに
10月末で会社を辞める。(と申し入れ)

35歳(もうすぐ36歳)なのにねー。つって。
次の仕事も決まってないのにねー。つって。

うっかり10年経ってしまった。うっかりて。うっかりや。
そんな感じでやってます的な。

応募書類を早く。

ここ数年ずっとうむむ、と思っていたその容量がもういっぱい、表面張力で踏ん張ってたけど、一滴ポチャン、張力崩壊。

石の上にも3年というけれど、しょうもない石の上に3年もおったらあかん、とアルテイシアさんが、それは石をダメンズに例えて言うていたけど、それを読んだ時に、あ、ほんまにそう、と思った。

でもしかし、最初からしょうもない石と思っていたわけじゃない。
だんだんとそうなって、もうあかんーとなったのであった。

私には長期的プランがない。立てられない。
とりあえず、やってみようと思うことをすることにしよう。

まだ若い、って言われたり、なんのかんのぎりぎりや遅い、と言われたり。

きっと不安になったりすることであろうけど、未来は、あの時なーって笑いながら話すことができるようになっていると、信じている。




 
Posted by : bombori | 日々記 | 00:37 | - | - | -
春ちゃんの手形
母方の祖母の名前は春子。春ちゃん。

片付けをしていて、春ちゃん着物と書いたダンボールの中をあらためていたら、着物の下に祖母が編んだであろうセーターもあって、祖母が書いたメモのような手紙が、セーターの1枚1枚の身頃の間に挟まっていた。
え!こんなん入ってる!と、母と騒然。
敷いてあった沖縄タイムズの日付は、2004年11月。
亡くなる6年程前に、沖縄から送ってきた荷物だった。
その時、誰もセーターに気付いておらずで。



カッコの使い方よ。

チョーー。

なににかに。

念押し。

すぎし。

この手紙の裏には、こうあった。


手形……?
形見やろか。と、母と。

春ちゃんらしいなー、と、ひとしきり母と笑った。

春ちゃんありがとう。






Posted by : bombori | 日々記 | 19:54 | comments(0) | - | -
前からないけど
おひさしゅうございます。

日記の文面を考えながら過ごす習慣は相変わらずあるのに、全く書いてないというこの体たらくよ。

4年越しの思いを達成したダイアログインザダークのことや、木皿泉さん脚本の舞台、ハルナガニを見に行ったこと、読んだ本、最近好きな曲、ここ最近思うこと、色々あるじゃんね。でも、いざ、と思うと、まとめられないという。

とりとめもなくつらつらと、パタパタと書いていたのにさー。
アウトプットもしないとさ。アウトプットなのかわからんけど。

近頃は、ある思いに駆られていて、まぁ、前からあったけど、今なのか?なんて思うこともあり。
踏み出してしまえば、後は進むしかないのやろう。その踏み出すまでの諸々よ。
漠然とこのままではあかんのやろう、と思っているその漠然とした思いが、踏み出すことによって、輪郭が明らかになっていくのかはてさて。


自分のことを信用していないから、誰のことも信用できないのだ。

という文章を目にし、ああ、ほんとうに。

傷つくことを恐れ、何かが怖くて、逃げ道をずっと探しているのか。
構えずに過ごすことができるのか。

ありのーままのーがはやっているけれど、ありのままって、なんやろな。どこがありのままやろな。
私のありのままってなんやろな。
ありのままの君が、とか言われたら、あんたになにがわかるんじゃい、と思ってしまう故に。

〜って、何?ってことは都度都度浮かんでは、特に明確に答えを出すことをしないまま、なんとなく消えて行く。
また思い出したりするけれど。


ベベチオのブラウニーと、EGO-WRAPPIN’のサニーサイドメロディーの2曲を繰り返し繰り返し聴いている、昨今。
COOL DRIVE (MAKERS) のスーツケースも入れようかなー。電話で音楽を聴く時代。
心地よいメロディのみで埋め尽くしたい。


とりとめなし。

 
Posted by : bombori | 日々記 | 18:45 | - | - | -
ゆれる木漏れ日
美文字が取り沙汰されておりますな。
とりざたやけど、とりたざ?とりざたや、と心の中で何回か言って確認する言葉。

何でもかんでも、そんな風にブームにしてしまう世の中だ。
〜活てのもあったなー。
寝活やったか、無理矢理その言い方にしてしまうのは、何だかなー、と思う昨今。

:::::

もう恋なんてしない(なんて言わないよ絶対〜)とは思わないけれども。

この先、することがあるんでしょうか、と、誰に問うでもなく思う。
この人でなきゃ、この人を逃したくないと思うことが、果たして。
というか、これまでも、強い気持ち(強い愛〜)でそう思うことがあったんかね、と。
薄れゆく記憶の中で。(て映画がありました。好きなお話)

ありのままでいられるとか、本当の私とか、そういう方へ及ぶけれど、なんつうか、そんなことでもなくて、なんしか、そこに何かがあるんだろう。
それを確かめる術は今のところありませぬ。これから、どうでしょな。


人生ソロ活動、と決めているわけでもないけど、そうなるんならそうなるでなーという。
アンテナを張っておかなきゃとか、そやなーって思うけど、できず。
恐怖心かなー。トラウマがあるわけじゃないけど。
恐怖心を凌駕する程のものがあれば〜などと、言うてみても。

恋がしたいと、思うには思うけど、それが最優先事項ではない。というか、最優先事項、私なんかあるかな。

共にする人とは、強いつよい思いではないのかもしれない、と近頃思う。あー、いやま、強い思いもあるんだろけど、楽しくごはんが食べられるとか、特に何を話すでもなくても、いられるとか、構えることなく対することができるような、そんな風に自分がなれたら、その人が一緒にいたい人になるのではないかと。

そしてそんな風に思えるんかねー、思うことがあるんかねー、と、他人事のように思う。
猜疑心が強くて。自己評価が低いんか高いんかわからんくて。なんしか色々あかんのかなとも思って。
でもって、ま、いっかと最終的にはなって。

:::::

ルールールルルー。ルールールルルー。
夜明けのスキャット。

Posted by : bombori | 日々記 | 16:37 | - | - | -
35の身空
放置。


フルマラソンのことや、読んだ本や、日々のこと、これからのこと。

思い浮かぶことを書きかけるものの、いつも最後までいかないまま時が過ぎ。
さかのぼって書くか。


気丈になったり、気弱になったりしながら、相変わらずのような、しかし同じ日は二度とない時間を過ごしているというよりも、過ぎて行っている、と感じる昨今。

わーーーーと叫び出したくなりそうになるのを堪えたり、ぶわーとぶちまけたくなったり、全体的に、ハイかローかで言うと、ローな時期であり、しかしそんな時こそ、差し込む光に救われたりする。

光のさす方へ、えいやーと行ったら、思いがけない程に、心が晴れることがある。


そしてまた繰り返す。


そんな日々。日々。


胸の中のものを全部ひとつ残らず吐き出して、号泣してから、大笑いしたい。

と思いながら、小出しにする。


35の身空で、これからしたいことは。
できることは。

そんな問いかけをしながら。



Posted by : bombori | 日々記 | 12:56 | - | - | -
わかってもらいたいことと、わかってもらわなくてもいいやと思うこと
クリスマース。

朝起きたら枕元にプレゼント無かったなー。大人だからかなー。

つって。



いつまでサンタを信じていたか、によって、注がれた愛情の深さを知ることができる、というようなつぶやきを見かけた。

確かにまぁ、と思うけど、一概には言えない、とも思う。



物心ついた時から、サンタクロースの在り方はなんでか知っていて、幼稚園〜小学校の友達がするサンタクロースの話は、ふんふんと、否定も肯定もせずにいて、ある程度の年齢になって、サンタさんいつまで信じてたー?という話の際にも、ふんふん、と聞くだけであった。



先日、髪を切りに行った時、美容師さんが、スタッフの子がサンタさんの存在を高校生まで信じていた、っていう話をして、わーそれはとても、ピュアなーと。

で、うちはそういう制度じゃなかったんですよね、と、そのままに話したら、美容師さんもそうで、そこから、誕生日のサプライズが苦手、行事も特にこだわりがない、という話に双方ともになり、お店に行って、電気が消えて、歌と共にケーキが運ばれる、とか、ほんとうに無理です!電気が消えてる間に帰る、と言うと共感してもらえて、そういうサプライズは、喜びよりも、恥ずかしさとか、どうしたら、みたいな気持が勝ってしまい、そしてそういう気持ちをあんまり声高に言えない、という話を。だってみんな良かれと思ってるし、と。

してもらった時に、ちゃんと喜べてるかなーとも思うし、と。

このめんどくささな。



でも、する側は喜んでーなのであって。

会社F氏の娘さんの、クリスマスプレゼント、スマホのおもちゃ版(とは言え、通信やら色々できるらしいもの)がいいらしく、でも、どこもかしこも売り切れやーと言うていた、私が有休で横浜に行く前日、じゃー横浜のお店にあるかどうか訊いてみて、あったら買ってくるよ、と訊いてみたら、在庫ありと。

ほんじゃ買ってくるよーと、なっていたけど、奥さんに確認したら、いとこの子もそれを買うかどうか決めてからにするみたいやから、しばし保留、もし買ってもらうなら連絡、ということになり。

結局、探したら大阪にあった!ということで、私がサンタ協力隊になることはなかったんだけどもー。



今日サンタさんへの手紙を持っていたF氏に見せてもらったら、ものすごく詳細にそのスマホのおもちゃのことが書かれていて、小学3年生ってこんな感じなんやねーかわいいなーと言うと、いや、知ってる子は知ってるみたいやけど、うちの子はちょっと、妄想がちというか・・と、ちょっと、父さん、などなど言うて。



それを聞いて、今尚、妄想族の私は、サンタに関しては上記の感じやったけど、その他がな、その他やな、と思った一幕。





含み笑いのカフェごはんの山本さんが、〜系女子という言葉について書いていたブログに、他の人が使ってる分には全然気にならなくて、でも自分が使うのはなんかなーって思う、というようなことを書かれていて、付いているコメントも、あんまり言うと批判してるととられかねないから、言わないけど、使いたくない言葉ってある、という方もたくさんいて。



あ、ここにわかってくれる人がいる、っていうのは、なんだかとても嬉しいなと思うこと。

でも、全ての人にわかってもらわなくてもいいや、とも思う。わかってもらうの無理なこともあるし。



そういう考えの人もいるんだ、というスタンスでいたい。

以前、私のことをすべて、全てわかってくれる人がいたらいいのになーなどと、無謀なことを思ったりしていたけど、わかってほしけりゃわかってもらう努力を、というのを経て、今は、成すがままでいいんじゃないか、と思う。

わかってもらいたい、という気持ちは以前よりなくなり、わかってもらおうと必死になることもなくなった。

こう書くと、なんか無気力な怠惰な感じだけど、そうではなくて、なんかもう受け入れる感じとでも言うのか。

全てを受け入れられるとは思ってないけど、総括、楽しけりゃいい、っていうことに。



っていうここ最近の出来事で思ったこと。

もうただ、めんどくさいやつである、ということは揺るがなく続くのであろうよ。



ほんとうに、周りの人たちには感謝しております。

ありがとうございます。
Posted by : bombori | 日々記 | 18:29 | - | - | -
ぽれぽれ
何を面白いと思うか、つまらないと思うのか。
その感情を強要することはできないよなー。

整体の先生の友達の話を、結構前に聞いたのを思い出したのだけど、そのお友達は、毎日帰宅して10km走って、大体いつも同じようなご飯を食べて、そうやって日々を過ごすことが多いそうで、その友達は、整体サロンの近所に住んでて、てことは超都会に住んでいるのであるけど、先生曰く、なんでもっと遊ばへんねん、と。

おもんないなー、折角都会に住んでんねんから、もっとこう、アグレッシブに!みたいなことを思ってるという話を聞いて、本人がええならそれでよいのでは。と、思たけど、へー、そうですか、と聞いていた。
余計なお世話、うっさいって思うこともあるし、言われてみればと、気付くこともあるし。

その後に、年とると、みんな明日のこととか考えて、つまんない、というような、別の人のつぶやきを見て、みんなもそれがつまんないことだと思っているとは限らないんじゃないかなー、とも思い。

どっちがいいかはもう、本人の気持ち次第だな。最終。

あーもう、なんか色んな人がいるのよね、って、しみじみ思う。


そして色々思った結果、私があまり踏み込んで行かないのは、そないに人に興味がないからなのかなーと思ったり。
人は人。の考え方の人だよね。と言われたことがあるけど、それって、自己中ってことか。

人との距離感が、もひとつわからない。
って中二発言やなー。

あーあ。中二、多い。
いつまでも引きずる甘さ。

:::::

この先誰かを好きになったりすんのかなーと、凪の日々に思う。
駆け足で階段上るような、そんな気持ちになるようなことが、あるんだろうか。

そんな気持ちになることが全てだとは思わないけど。

ここでもやっぱり、人との係わりに対する自分の距離感が。


〜してやろう、という気持ちになることが、全般的に薄いのは、ひとえに弱さや甘えか。

甘んじるな。が、これからのキーワードでしょうかなー。

:::::

自分は探さないけれど、探さなければならないものがある。
3項目。
1項目、今年中にと思っていながら、甘んじてた。
3項目中、2項目はなんとかせなあかんこと。

:::::

なんにもないってことは、なんでもあるってこと。

って。

なんにもないなーって思うことはしょっちゅうだ。


そんなことないよって言葉が欲しいんじゃなくて。ただただ、そう思う。

うん。でも。そう、私は誰かがそう言っていたなら、そんなことないよって言うもの。
だから、誰かにそう言うことはないけれど。

一体、この手の中に何があるの。

と、ネガティ部は思ったりするんです。

そして、ま、いっかとなって、引き出しにしまうのです。

:::::

引き出しの中の確認、見直し。

を。

Posted by : bombori | 日々記 | 01:55 | - | - | -
変わるとこも変わらないとこも
人生いろいろ。


11月になると、年末感がより一層。

:::::

先日のハーフマラソン大会で、身体に知らぬうちにストレスがかかっていたのか、ホルモンバランスがくずれたようで。
直後にぬお!という事態発生し、検診行かねばな〜と思いつつも、しばらく行ってなかった病院へ。
特に問題なし。

以前ならこんなことなかったけどなーなんてことも、そりゃ出てきたりするのでしょうね。

あれ?と思ったら、先延ばしにしない。ってのは、思い知っているので。
検診も定期的に行かねばな。

こーこーろーとからだーをつよくー。

:::::

楽な方に逃げたなーと思っていたけど、それはそれで、ちょっとしたダメージでもあるのだな。

つって。

遠くから眺める。

:::::

明日、桶川へ。明後日、東京蚤の市へ。
旅のお供、連れて行こうかね。
ちょっくらちょっくら。
Posted by : bombori | 日々記 | 17:40 | - | - | -
まだちょっと不思議
先日、昼休みに友達2人と待ち合わせてごはん。
受け渡すものがあった為。
二人ともお子連れ。


お店で集合だったので、12時になるや否や、アズスーンナズ会社を飛び出し、駆け付けると、7月にうまれたウニさんを抱いた友達が。

見た時、あれ?ってなった。
生まれた次の日にも会ったし、その後も何回も会ってるのに。

この、あれ?の気持ちを説明できる気がしないんだけど、あ、そうそう、生んだんだよね、そやそや、って思い直す感じとでも言うのか。
もうひとりの友達の時にも思った(今もたまに去来する)、わかってるけど、あれ、この子どっからきたん?みたいなこの感じ。

不思議なんす。生命の神秘っす。



お子達はもうかわいすぎて、二人一緒に会いたくない時がある。
ひとりずつずっと見ていたいから。(危ない発言)ふたりやと、あっち見て、こっち見て、大変やから。
でもふたりのコラボもたまりませんねんけどなー。
歩いていない状態でこれやから、動き出したらもっとだろうなー。
私なんやろなこれな。



まだちょっと不思議。
この気持ちが、自分にこどもがいないからなんだかどうだかは、わかりませんな。
この先、もし子供を産んだとしたら、同じような気持ちになるのか、はたまた全然違う感情が芽生えるのか。
確かめる術(というかなんというか)は今のところないし。

こどもたちが年を重ねる程に、この気持ちは薄らぐのだろうかね。
Posted by : bombori | 日々記 | 22:59 | - | - | -
コワイかおもしろいか
先日、某SNSにて、高校の時の友達が、結婚式に参列した写真を投稿していた。
人物が遠目に写ってた写真。


その数時間後、前の職場の子も、結婚式参列の投稿。
へー、秋は結婚式日和ですなー…、あ、同じ場所やなー、あれ、主役、同じ人物?顔はよくわからないけど、ドレス一緒だ。


高校の時の友達の投稿をよく見ると、高校の同級生とのコメント。
つうことは、私とも同級生、何回も写真見て、あ、あの子かなー、と。


高校の友達にメールしてみるも、返信なく。アドレス変わったかな。
(追記:その日にメール返信が、私のアドレスの確認とともにあり。電話番号でやり取りしてたんだったのか、前。ごめむー。という一幕)

前職の子にLineで名前を聞いてみたら、やはり高校の同級生と判明。サークルで一緒やったとのこと。


そしてそのメッセージをやりとりしている時に、前職の事務所の人の妹さんも、同学年で同じ高校だと思い出し、そう告げると、なんか縁があるんですな、と。

前職は1年しかいなかった割には、なんだか濃くて、1年しかいなかったっけ?と言われたり、思えば、あの1年がなかったら、人生違うだろうな、と思うものだから、なんかあるんやろな。


それは、ま、おいといて。

こんな事もあるのね、と。SNSすごいな、と。


そうねー、と言いつつも、これが複雑な事情があったりしたら厄介やろなー、とも思ったり。

高校の友達からの返信がないのは、その配慮なのかもしれない、と思ったり。


SNSの目的はこういう事だったり、広く繋がる事だったりするんだろうから、いいんだろうな、と思うけど、人間関係のゴタゴタとかあったら怖いな、と。

思わぬところで、思わぬ人に、どう思われるかなんて、わからんもんな。


人との繋がりを思う夜。
Posted by : bombori | 日々記 | 02:53 | - | - | -
TOP